植毛を選ぶ

抜け毛予防を取り入れても、効果を上げる事ができず、薄毛が進行してしまった場合、植毛を選ぶという人もいます。植毛は、自分の髪の毛にするために、毛根を移植する自毛植毛と、ナイロンなどに植え付けた髪の毛を頭皮に移植する方法である人口植毛があります。どちらがお勧めかは、人によって違うのですが、人工植毛よりも、自毛植毛の方が、金額が高く、髪の毛が生えそろうまでに、半年から1年程度の期間が必要となるとされています。人工植毛の場合には、3か月程度で、自然な感じに仕上がるのとされていますが、毛根があるわけではありませんから、移植した部分の髪の毛が伸びてくることはありません。自毛植毛の場合でも、頭皮と定着せずに、髪の毛が抜けてしまう人もいますし、何度も移植をしなければいけないような人もいます。
植毛を選ぶ場合には、医師と話しをした上で、自分が今後、どのような頭皮を目指すのかを考えてみましょう。まだ多少なりとも、現在髪の毛が残っているのであれば、植毛に頼らず、抜け毛予防を取り入れ、自分の髪の毛を元気にする方法を取り入れる事をお勧めします。植毛は、お金がかかるだけではなく、その後のメンテナンスも非常に大変であるとされていますから、自分の髪の毛や頭皮のお手入れを行う抜け毛予防策の方が、非常に楽であるとされています。今すぐにでも、髪の毛を生やす場合には、植毛がお勧めですが、今まで髪の毛がなかった人の場合、植毛をすると、人からすぐにわかってしまう事が多いため、徐々に髪の毛を増やすようにする事も大切です。
髪ナビ