花粉症の予防に効く

花粉症は今は日本人の5人に1人に当たる2600万人も悩んでいるアレルギー症状の1つです。

今は大丈夫な人もあるとき突然発症するというのが特徴です。

花粉症のアレルゲン(原因)はスギやヒノキなどの植物の花粉が原因なのです。本来は花粉というのは人体に無害なのですが、花粉に対して免疫細胞が過剰に反応することで鼻水やくしゃみ、目のかゆみなどが出てくるというわけです。

この煩わしい花粉症には腸内フローラがおおきく関係しています。腸内フローラを増やすことで免疫システムのバランスがよくなり症状が緩和されるということが確認されています。

花粉症への効果が確認されている善玉菌にはいろいろありますが、とくにビフィズス菌の一種であるBB536株というのがいいらしいですよ。

そんなことは置いておいて、私はサプリメントとかヨーグルトで気軽に乳酸菌がとれる時代になっているのは幸いだと思います。

これで腸内フローラがいい影響を及ぼして善玉菌が増えれば身体も健康になりますからね。

善玉菌のチカラの効果