子どもの歯磨きはまず慣れさせることから

子どもの歯磨きは、歯が生えたらすぐに始めるつもりでいて良いです。

歯磨きそのものは歯が生えたらすぐという意識で良いのですが、実際、大人と同じように歯ブラシでガシガシ、というわけにはいきません。大人はなぜ歯磨きをするのか良く理解していますが、子ども、とりわけまだ赤ちゃんのうちにそれを理解できるわけがないのですから、たいていはいやがるに決まっています。

そのため、まずは口の中に何かが入ってくるということに慣れさせることからスタートしましょう。

赤ちゃんというのは、気をつけていないと何でも手に取って口の中に入れてしまうので注意が必要ですが、本当に必要なものはなかなか口に入れさせてくれないというのも皮肉ですよね。

そこで、ブリアンという歯磨き粉の口コミで見かけたのですが、ブリアンはイチゴ味なので、こうした歯磨き粉を使うことで、子どもの歯磨きを何とか実行できるようになるかもしれません。

また、歯磨きをしている姿を見せることで、子どもが自分からマネしてくれるように仕向けるとういのも1つの手段かもしれません。